商品名:令和二年 登録 刀 『長曽祢興里入道乕徹』 はことら 新撰組局長・近藤勇が愛刀「虎徹」 発見 初公開 鬼滅の刃 真剣 登録証付

令和二年 登録 刀 『長曽祢興里入道乕徹』 はことら 新撰組局長・近藤勇が愛刀「虎徹」 発見 初公開 鬼滅の刃 真剣 登録証付

価格:101,000円

xvpbvx
 
 
 
 
 
 
令和二年 登録 刀 『長曽祢興里入道乕徹』 はことら 新撰組局長・近藤勇が愛刀「虎徹」 発見 初公開 鬼滅の刃 真剣 登録証付商品説明コレクターの委託出品 
蔵出し 初出品 売り切り商品 
令和二年 登録 刀 『長曽祢興里入道乕徹』 はことら 
新撰組局長・近藤勇が愛刀「虎徹」 発見 初公開 
長曽祢虎徹と言えば、日本刀に余り興味のない方でさえ、一度は聞いたことのある名前、その知名度からすれば、五郎入道正宗、妖刀村正らと並ぶ有名人です。江戸前期の鍛冶でありながら、重要文化財五口、重要美術品十口を数える名工です。
 越前の生まれで、三之丞と称し、元来は甲冑師でしたが、『長曽祢興里入道乕徹 本国越前住人至半百居住武州之江戸・・』と刻された作が残されているように、『至半百=五十歳』を過ぎた明暦二年(一六五六)頃には江戸へ出て、刀鍛冶へ転向したと伝わります。
虎徹の銘振りは、大別すると、万治三、四年(一六六〇~六一年)頃から見られる『長曽祢虎徹入道興里』の『虎』の文字の最終画を上部に跳ね上げる『ハネ虎』銘と、寛文四年(一六六四年)八月から見られる『長曽祢興里入道乕徹』の『虎』の文字が『乕』になる『はことら』銘に分けられます。
鬼滅の刃 真剣 登録証付
全長    86.7cm
長さ     68.1cm
反り     1.3cm
目くぎ穴   1個

⇒ 【令和二年 登録 刀 『長曽祢興里入道乕徹』 はことら 新撰組局長・近藤勇が愛刀「虎徹」 発見 初公開 鬼滅の刃 真剣 登録証付】をヤフオクで探す>>