65 [ 乙武洋匡 ]

65 [ 乙武洋匡 ]



幻冬舎文庫 乙武洋匡 日野原重明 幻冬舎発行年月:2007年10月 ページ数:202p サイズ:文庫 ISBN:9784344410183 乙武洋匡(オトタケヒロタダ)1976年生まれ。
初著『五体不満足』が話題に。
スポーツライターを経て、2007年4月から杉並区立杉並第四小学校教諭日野原重明(ヒノハラシゲアキ)1911年生まれ。
41年に聖路加国際病院内科医となり、内科医長、院長などを経て、現在、聖路加国際病院理事長、聖路加看護大学名誉学長(魔揩竄オていく/道は拓くのではなく、できていく/若い人たちからもらうエネルギー/スポーツライターという選択/目が見えないよりはいいか?〔ほか〕 生きること、働くこと、年を重ねること、人との接し方、時間の使い方、家族のあり方…最もエッセンシャルなテーモA年齢差65の二人が語り尽くす。
「人生というのは、喜びよりも悲しみの方が多い」(日野原)、「乙武洋匡という木を、人との出会いによって豊かにしていきたい」(乙武)など、心に響く言葉が満載。
何度も読み返したい対談集。

⇒ 詳細はこちら


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ